[レビュー]AKAI MPK mini MK2


AKAI MPK mini MK2

今回はAKAI MPK mini MK2のレビューです。

iPadにつないで使用するMIDIコントローラーとしてオールイン型のKORGのnanoKEY Studioをチェックしてみましたが、似たような製品を調べてみたところ、他にAKAIProからAKAI MPK mini MK2という製品が発売しているのでレビューしてみたいと思います。

AKAI MPK mini MK2のパッドがMPC。しかもバックライト付き。赤いジョイスティックも

AKAI MPK mini MK2

MPK mini MK2には、ピッチやモジュレーションコントロールのためのジョイスティック、8つのバックライトつきのMPCパッド、8つのQ-Linkノブが搭載されています。

パッドは「AKAI」製品ということで、MPCユーザーならおなじみの固めのパッドが備わっています。使い慣れた道具を他のツールでも使えることは安心できると思います。他社にも似たようなパッドが発売されていますが、メーカーによってパッドの硬さやベロシティのかかり具合が異なるため、機材選択には注意が必要かと思います。

AKAI MPK mini MK2

ジョイスティックはKORGのmicroKEYにも備わっていますが、MPK mini MK2の方が大ぶりで、スライダー操作がしやすいんじゃないかと予想できます。また、ゲームコントローラーでもおなじみのジョイスティックは、軸の長さが結構キモだったりします。軸が長いと操作しづらいことが多いと思いますが、MPK mini MK2は上から人差し指か中指を乗せて、コントロールすることを想定されて作られていると思います。おそらく丁度いいぐらいの長さだと思います。プレステのコントローラーよりは軸が長そうですね。

MPK mini MK2、ツマミは微妙か?

AKAI MPK mini MK2

MPK mini MK2にはツマミが8個備わっており、ソフトウェアで自由にアサインできるようです。ですが、コスト削減なのか不明なのですが、写真や映像で見る限りではツマミはプラスチックでできているようで、しかもギザギザが薄く乗っかっている程度です。操作は難有りかもしれません。

鍵盤はミニキーボード標準の25鍵です。5年間のフィードバックを反映してレスポンスを改善したということなので、KORG microKEYと店頭で比較してみるとよいかと思います。

MPK mini MK2の付属ソフト

AKAI MPK mini MK2

MPK mini MK2にはAKAIならではのソフトが付属しています。ビートメイク・ソフトウェアのMPC Essentials、ソフトシンセのHybrid 3、Wobbleが付属します。これらのソフトシンセは、リズムセクションを中心に考えられたシンセのようで、どちらかと言えば、アナログシンセのベースラインみたいな使い方が得意なのではと思います。

また、各パッドにMIDI信号をアサインするソフトとして、MPK mini MK2エディタ・ソフトウエアが付属しています。インターフェイスを見る感じでは、PCの画面上にMPK mini MK2を再現したようなデザインになっており、使い勝手もいいんじゃないか、と思います。

MPK mini MK2の重量、外観など

重量は約750gと、iPad並みの重さですが、iPadとセットにすると、13インチのノートPC程度の重さで持ち出すことができます。また、サイズは横幅31cmなので、喫茶店などで広げて作業するギリギリのサイズではないか?と思います。

MPK mini MK2まとめ、接続にひと工夫必要!

優れたインターフェイスが備わっているMPK mini MK2を当然ながらiPadに接続して使用する想定でしたが、ネットで調べたところ、どうやら電源がうまく供給できないため、接続できないそうです。

つまり、電源が供給できればipadでも動作できる!ということですので、いつものApple Camera Connection Kitに、電源供給が可能なUSBハブを間に挟めば動作するようです。

(説明動画)
(動作イメージ)

私はMPK mini MK2を外に持ち出して使用する想定でしたが、どうもうまくいかないようです。次回モデルでは、電池駆動を期待したいところです。モバイル環境でのDTMは、KORGが数歩抜きんでいるかもしれません。

MPK mini MK2の詳細スペック

  • 鍵盤数:25鍵(ベロシティ対応、ミニ鍵盤)
  • パッド:8(ベロシティ&プレッシャ対応、バックライト、2パッドバンク)
  • ノブ:8(アサイナブル)
  • USB端子:Bタイプ(Windows/Mac対応)
  • プログラム:4
  • オクターブ:10
  • アルペジエータ:有り
  • その他のコントロール:ピッチ&モジュレーション・サムスティック、ノートリピート・ボタン、フルレベル・ボタン、タップテンポ・ボタン
  • 入力端子:サスティンペダル端子(1/4” TS)電源:USBバスパワー駆動
  • Macシステム要件:1.25GHz G4/G5以上(Intel Mac推奨)、1GB RAM(2GB以上推奨)、Mac OS X 10.4.11(10.5以上推奨)、USB端子
  • Windowsシステム要件:Pentium 4およびCeleron互換以上(マルチコアCPU推奨)、1GB RAM(2GB以上推奨)、Windows XP以上、Winodows互換サウンドカード(ASIO対応推奨)、QuickTime、USB端子
トップへ戻る