[レビュー]IK Multimedia iRig Pro DUO


IK Multimedia iRig Pro DUO

IK Multimedia iRig Pro DUOをレビューしてみたいと思います。

DTMとiPadは関連性が高いのか、メーカーが美味しい新ジャンルと思って投入しているのかどちらかかと思うのですが、無料有料に関わらずDTM関連のアプリが大量に発表されています。KorgのM1やProphetVSをiProphet、MiniMoogのエミューレーションiMiniなど、魅力的なソフトシンセがあるのですが、私はPropellaheadのRebirthがお気に入りです。

iPadの活用方法は人それぞれで、色々あると思うのですが、私の場合は、メジャーなソフトシンセのエミュレーションをアプリで安くゲットしてiPadで使い倒し、PCのシーケンサーでMIDIを鳴らして出力してレコーディングするようなエコな作戦をとりたいと考えています。

要はシーケンサーからiPadにMIDIを流し、iPadから高音質で出力したいのですが、これまであまりいい製品がなかったところ、IK Multimedia iRig Pro DUOがよさそうなのでレビューしてみたいと思います。

IK Multimedia iRig Pro DUOの特長

IK Multimedia iRig Pro DUO

iRig Pro DUOはMIDIが2IN、2OUTにオーディオも2 IN/2 OUTあります。iPad向け製品としては充実していると思います。iPadにはLightning端子が一個しかないため、入出力が豊富にあることは結構重要だと思います。

USBとMicro USBケーブルも同梱されているそうで、iPadだけでなく、PCでも使用できるそうです。また、Android5にも対応しているそうですが、マイナーすぎて利用用途がよくわかりません。

※Android5対応はSamsung Professional Audio deviceを搭載した端末のみだそうで、DTMユーザーは使う事はないと思います。

IK Multimedia iRig Pro DUOのスペック

IK Multimedia iRig Pro DUO

24bit、44.1/48kHzということですが、どうやらiOS製品の仕様らしく96kHzには非対応です。ビットレートが高い事にこした事はないのですが、こればかりは致し方ないです。

IK Multimedia iRig Pro DUO

また、2つの標準バランス(1/4” TRS)アウトとステレオ・ミニ・ヘッドフォン・アウトから出力できます。iPadの可搬性を考慮した場合、スピーカーに接続して使用するよりもヘッドフォンに接続するような用途が多いのではと思います。

IK Multimedia iRig Pro DUOのバッテリー関係

IK Multimedia iRig Pro DUO

Mac/PC の USB バスパワー、AC アダプタ(別売)だけでなく、単3電池2本でも動くそうです。電池で動くのは結構重要だと思いまして、スタジオなどに持参する時、コンビニで電池を購入しておけば使えるのは、いざという時に便利だと思います。

IK Multimedia iRig Pro DUOに付属するソフトウェア

IK Multimediaの後発製品ということで、付属するソフトが充実しているようです。ギターアンプの定番、AmpliTube、ボーカル・エフェクト・アプリ VocaLive、ワークステーション音源アプリ SampleTank、 iRig Recorder、ピアノ音源アプリ iGrand Pianoとてんこ盛りです。

IK Multimediaのソフトの特長としてイラっとする点が、上記ソフトの音色がほとんど有料でして、購入しても結局、有料版の音色を購入しないと一日程度ですぐ飽きてしまうので最悪だと思っているのですが、iRig Pro DUOにはなんとAmpliTubeアンプとエフェクト・モデル4種類、SampleTankのボーナス音色48個と50音色の拡張音源The Grid、iGrand Piano、iLectric Piano それぞれのボーナス音色および VocaLive、Mic Roomのマイク・モデル2種が特典として付属するそうです。

最初からソフトシンセを購入していなくても結構楽しめそうです。

IK Multimedia iRig Pro DUOの外観など

IK Multimedia iRig Pro DUO

重さは197g、サイズは13 x 7.5 x 3.8cmだそうです。サイズはiPhone6より少し大きいぐらいです。厚みが結構あり、もう少し薄いサイズを期待したかったのですが、搭載するインプット端子の関係で致し方ないのかもしれません。手には馴染むサイズだと思います。

また、色は黒いプラスチックなので、高級感もへったくれもなさそうです。ですが、表面に視認性の高そうなインジケーターと大ぶりのゲインコントロールがあり、使い勝手が良さそうで、これは期待できると思います。

IK Multimedia iRig Pro DUOの詳細スペック

  • 2 x 標準/XLRコンボ入力(ギター/ライン/マイク対応)
  • 2 x バランス標準出力
  • 48Vファンタム電源
  • 2 x ゲイン調整可能な高品位なプリアンプ
  • マルチカラーLED(ゲイン、MIDI、ファンタム)
  • 超コンパクトな筐体
  • ヘッドフォン・アウト
  • ダイレクト・モニター
  • Lightning、USB、 OTGケーブル付き
  • MIDI In/Out
  • USBバスパワー、9V DC、電池(2 x 単3同梱)対応

IK Multimedia iRig Pro DUOの総合評価

iPad向けオーディオインターフェイスとして、オーディオとMIDIが統合されたデバイスはほとんどないため、IK Multimedia iRig Pro DUOは貴重なハードだと思います。

iPadは端子が一個しかなく、MIDIかオーディオかどちらか犠牲にしないといけないのですが、iRig Pro DUOは、本格的なDTMユーザーのニーズを満たしている製品じゃないか、と思います。IK MultimediaにはIN/OUT端子が一個のiRig Proもありますが、やはり端子はステレオで2個ないと話にならないので、価格は抑えられているとは思いますが、DTMNAVI的にあまりオススメしたくありません。やはりDUOでいきたいところです!

トップへ戻る