【実機レビュー】Walkman NW-A30シリーズ旧モデルNW-A10最速比較(番外編)


ウォークマン、Walkman NW-A30シリーズとA10シリーズの実機新旧比較レビューです。ポータブルオーディオの主役、ウォークマンは、新モデルが発売される毎に買い替えているのですが、ハイレゾ対応になったNF-F800シリーズから、iPodとは一線抜けてきた感じがします。

ポータブルオーディオの世界はポータブルアンプやイヤホンとか、こだわり続けるとキリがない(俗に言う「オーディオ沼」)と思っていて、私はコスパ重視でそこそこ音が良ければいい派なので、マイ電信柱を立てたりとか(タモリ倶楽部も旬なネタを出してくるとは、、、)、電力会社を変えるとか(笑)、高級品にはあまりこだわってませんが、日常持ち歩きの使い勝手とかにはこだわる派です。そのあたりを中心に比較レビューしてみます。

ウォークマンNW-A30シリーズ、どのモデルを選ぶ?

NW-A30シリーズですが、私はヘッドホンなし、内蔵メモリ16GのNW-A35を選びました。

nw-a35_1

NW-A10、A20シリーズからマイクロSDカードが使えるようになっていて、音飛びなども特になく内蔵メモリとそこまで違いを感じなかったので、16Gで十分でした。ヘッドホンもお気に入りのUltimate Ears Triple.fi 10 PROがあるので、付属ヘッドホンはいらなかったです。

nw-a35_2

Ultimate Ears Triple.fi 10 PROは、少々お値段が張りましたが、ケーブルが断線してもケーブルだけ買い換えることができるので、これまで買ったイヤホンの中で、結果的に一番コスパがいいです。音も気に入っています。

Ultimate Ears TRIPLE.Fi 10 PRO TF10PRO

NW-A30シリーズの色はA20シリーズの若干ギラついた色よりも落ち着いた色なので、初音ミクカラー(笑)のビリジアンブルーにしました。他のシナバーレッドやライムイエローあたりもいい感じです。

これまでの過去資産を持っている方にはNW-A35がベストバイかと思います。

ウォークマンNW-A30シリーズのサイズ

nw-a35_5

NW-A30シリーズのサイズはNW-A15と比較して、縦に短く横に長くなった感じです。

nw-a35_3

(重ねるとこんな感じ)

nw-a35_7

厚みは1.3倍ぐらいでしょうか。

nw-a35_6

ウォークマンNW-A30シリーズの重量

ウォークマンNW-A35の重さは98gと、NW-A15の66gよりも1.5倍程度重くなっています。NW-A15は普段シャツの胸ポケットに入れて使っているのですが、NW-A35も胸ポケットに入れて持ち運ぶには許容範囲内では?と思います。

F880シリーズは完全に鞄の中にしまって使っていたり、NW-A10シリーズの場合は軽すぎて、満員電車の中で引っ掛けたり落としたりしていましたが、NW-A30シリーズはちょうどよいぐらいの重量感かもしれません。

ウォークマンNW-A30シリーズの見た目、使い勝手

nw-a35_4

NW-A35は再びタッチパネル操作に戻りました。NW-A860シリーズの頃は慣れなかったのですが、スマホ操作が普通になってしまったので、やはりタッチパネルの方が使いやすいです。

ウォークマンNW-A30シリーズは、タッチパネル操作ということで、SONYのロゴやウオークマンのロゴは目立たない色合いになっています。そのあたりは細かい気遣いがされていて、デザイナーに好感が持てます。液晶フイルムはあったほうがいいかもしれません。

傷修復液晶保護フィルム ウォークマン NW-A30シリーズ 用 OverLay Magic OMNWA30/12

NW-A30は電源を入れた時に、簡単な操作ガイドが表示されます。スマホのアプリでは定番のヘルプユーザーインターフェイスでわかりやすいです。

操作感はiPhone7や最新Androidのようにぬるぬるサクサク動く、というまではいきませんが、昔の初期Astell&Kern AKシリーズのようにストレスマッハな感じではないです。必要十分かと思います(当時は高額商品で、二度と買うものか!とがっかりしましたが、今はわかりません)。

ウォークマンNW-A30シリーズの音

肝心のNW-A35の音ですが、偽ハイレゾ化したoasisの「(What’s The Story) Morning Glory?」で視聴してみました(偽ハイレゾは24bit/192Khzのflac音源です)。

NW-A15と比較して感じたのは、「音の深み」「解像度」でした。偽ハイレゾでも、ベースやバスドラの低音の深みみたいなのは、違いが十分感じられます。アコギの音の抜けも良好です。

NW-A30シリーズは、恐らくサイズと重量が増えた分、アンプ部分が充実しているのだろうと思います(詳しくはPhile-webとかで)。

ウォークマンNW-A30シリーズまとめ

音の深みが進化したウォークマンNW-A30シリーズは買いだと思います。恐らく高級機、NW-ZX100の技術フィードバックがあるのではと予想してます。当時数十万円ぐらいした法外な(オーディオ沼!)ウォークマン製品の恩恵にあずかれると思います。オーディオインターフェイスなどDTM製品にも言えることですが、デジタルの技術革新スピードは「速い」とつくづく思いました。

通勤通学の騒音環境にいる中でも音質の違いは十分感じられるので、ご新規さんも、既にNW-A10、NW-A20シリーズを使われている方も、オークションで売却して購入をオススメします。

ウォークマンAシリーズNW-A35
トップへ戻る