【レビュー】iPhone用マイク ZOOM iQ7


ZOOM iQ7

ZOOMのiPhone用マイクiQ7のレビューです。Amazonでベストセラー1位ということで、大変人気のあるiPhone製品ですが、前回チェックしたShureのMOTIV MV88と比較しながらチェックしていきたいと思います。

ZOOM iQ7の機能。アナログ操作でわかりやすい

ZOOM iQ7

ZOOM iQ7はiPhone/iPadのLightningケーブルに挿して使うマイクです。マイクを挿した後、ZOOMの専用アプリHandyRecorderを通してレコーディングすることができます。

ZOOM iQ7がShure MOTIV mv88と大きく異なるところは、アナログで操作するかアプリで操作するか、といった点だと思います。

ZOOM iQ7もShure MOTIV mv88も、縦方向と横方向のマイク二つを使って音を録る「ミッドサイド方式」ですが、SHURE MOTIV mv88の場合、縦マイクと横マイクが一体化されていますが、ZOOM iQ7の場合、縦マイクと横マイクがそれぞれ独立していて、自由に位置を調節することができます。

ZOOM iQ7では、左右の二つのマイクを回転させることで、音源の狙う位置を手動で細かく調整できます。また、大ぶりのアナログボリュームも備わっていて、アプリ側でなくZOOM iQ7自身でボリュームを調節できます。

さらに、左側に3レベルのレベルメーターも備わっているので、iPhoneの画面を見なくても、今のボリュームの状態がどれぐらいか確認することができます。

逆にSHURE MOTIV mv88の場合は、アプリ側のレベルメーターで確認しながらボリュームを調整する形になります(ZOOM iQ7の専用アプリにもレベルメーターは備わっています)。

ZOOM iQ7の性能

ZOOM iQ7

ZOOM iQ7の録音性能は、最大16bit48kHzまでに対応しています。一方、SHURE MOTIV mv88は24bit 48kHzまで対応しており、より高音質ですが、ZOOM iQ7でも十分かと思います。最大入力音圧はどちらも120dBです。ゲイン幅はSHURE MOTIV mv88が0から36dBまでに対し、ZOOM iQ7は3から43dBまでです。大きな性能差はないように思います。

また、SHURE MOTIV mv88には、スピーチ/歌声/アコースティック/バンド/フラットの場面に応じたプリセットが備わっていますが、ZOOM iQ7にはありません。

ZOOM iQ7のアプリ”Handy Recorder”

ZOOM iQ7

ZOOM iQ7はHandy Recorderという専用アプリでレコーディングを行います。録音フォーマットはWAVかAACを選択することができます。

Handy Recorderの機能はシンプルにRecボタンを押すだけでレコーディングが始まります。イコライザーや簡単なトリミング、リバーブ、マスタリングの設定がありますが、恐らくほぼ使うことはなく、ひたすら録音し続ける感じになるのでは?と思います。

SHURE MOTIV mv88の場合、専用アプリMOTIVを使ってステレオの範囲やプリセットの変更など、レコーディング前の細かい調整がしやすいので、ネタを取り込む前の調整幅の豊富さは、SHURE MOTIV mv88の方が優れていると思います。ですが、Handy Recorderも機能としては必要十分ではあります。

Handy RecorderもMOTIVもAppstoreより無料でダウンロードできるので、購入前にまずは気軽にダウンロードしてみることをおススメします。

ZOOM iQ7の外観

ZOOM iQ7

ZOOM iQ7の外観は、アナログ機能重視のためか、無骨なデザインだと思います。ただ、マイク部以外の外観がプラスチックなので、オールメタル製のSHURE MOTIV mv88と比較すると若干チープに見えてしまいます。個人的にあまりカッコよくないと思います。

ZOOM iQ7のサイズは61.1cm×3.06cm×5.31cmと小型です。重量も30.5gと、持ち運びに苦労することはないかと思います。

ZOOM iQ7、地味に嬉しいケース対応

ZOOM iQ7にはケースアジャスターが付属していて、スマホケースを外して装着しなくても使用できます。SHURE MOTIV mv88にはないため、普段ケースを使用している場合、毎回ケースを外してレコーディングすることになります。地味に嬉しい機能だと思います。

ZOOM iQ7まとめ

ZOOM iQ7

ZOOM iQ7は、iPhoneを使ったレコーディングで、手っ取り早く高音質を求めるなら、ベストな選択肢の一つだと思います。ただ、録音に適したモードを選択したり、アプリで細かく追い込むことができないのはデメリットかと思います。ZOOM iQ7の場合、環境音のレコーディングには向いていますが、ボーカルや楽器など、マイク指向性が直線なものは難しいかもしれません。

ZOOM iQ7とSHURE MOTIV mv88は差額が約1万円で、これを高いとみるか安いとみるかは、用途次第かと思います。

私はSHURE MOTIV mv88のほうが見た目がカッコイイので、本音はこちらを推したいですが、コスパの面ではZOOM iQ7でも十分ではないか?とも思います。

まずは無料専用アプリ”Handy Recorder”と”MOTIV”を試してから購入検討してみてはいかがでしょうか。

サウンドハウス
トップへ戻る