【レビュー】Mackie Big Knob StudioとUR22mk2、Onyx Blackjack比較


Mackie Big Knob Studio

Mackieのオーディオインターフェイス、Mackie Big Knob Studioをチェックしてみたいと思います。Mackie Big Knob Studioと定番のSteinberg UR22mk、Mackie Onyx Blackjackを比較します。

Mackie Big Knob Studioの特徴。強力なミキサー機能。

Mackie Big Knob Studio

Mackie Big Knob Studioは、2005年に発売されたボリュームコントローラーBig Knobに、オーディオインターフェイスがくっついたような機材です。巨大な中央のボリュームつまみが特徴で、3系統の音源とステレオ2系統のモニター出力をコントロールできます。

巨大な中央のつまみの右隣にA、Bというボタンがあり、モニターをどちらか選択できるようになっています。モニターを2種類選択できるというあたりは、Steinberg UR22mkのような一般的なオーディオインターフェイスとは異なる機能だと思います。

また、ヘッドホン端子も2個あり、よくあるオーディオインターフェイスとは少々違うようです。小規模なスタジオ向きの機能とも言えると思います。

Mackie Big Knob Studio

ほか、ミュートボタンやCueボタンなど、やはりミキサーメーカーのMackieの製品だけあって、アナログ音源の制御は充実しています。トークバックやキュー出しのマイクなど、一瞬「これはオーディオインターフェイスなのか?」と思うぐらいミキサー機能があります。

Mackie Big Knob Studioにはない機能

Steinberg UR22mkII

Mackie Big Knob StudioはSteinberg UR22mkIIと比較すると、MIDIのIN/OUTがありません。また、iPadなど昨今のモバイル機器にも対応はしていません。しかしながら、Mackie Big Knob Studioも24bit/192kHzに対応していますし、USBで接続できます。メジャーなDAWソフトにも対応、とあるので、互換性は心配ないと思います。

Mackie Big Knob StudioはOnyx Blackjack?

Mackie Big Knob Studioは、Mackieの小型オーディオインターフェイス、Onyx Blackjack直系のInOut品質だと思います。Onyx Blackjackは、Mackieの有名なミキサー「Onyx」から1チャンネルを残し、小型オーディオインターフェイス化してしまった、「尖った」製品です。

Mackie Big Knob Studio

実は私はOnyx Blackjackを現役で活用してまして、音の太さとノイズの少なさに満足しています。単発アナログモノのレコーディングにはいつも使っています。

Steinberg UR22mkIIやRoland Rubix22など、低価格帯のオーディオインターフェイスの場合、大抵メーカー独自のマイクプリアンプが搭載されているのですが、それらには仰々しい名前が付いているものの、裏を返せば、一番コストが削られる場所で、ブラックボックスなところでもあります。正直Onyx Blackjackと比較すると、音はイマイチなんじゃないか?と思っています。

その点、Mackie Big Knob Studioは信頼できるレコーディング品質だと思います。

また、Onyx Blackjackは24bit/48kHzですが、Mackie Big Knob Studioは24bit/192kHzと最新スペックです。

Mackie Big Knob Studioの外観

Mackie Big Knob Studio

Mackie Big Knob Studioは、Mackie伝統の鉄板製で、非常に頑丈です。公式サイトで「”戦車級に頑丈な”強靭なボディーデザイン」と半分ネタなのか何なのかよくわかりませんが、Onyx Blackjackも頑丈なので、Mackie Big Knob Studioを落下させたぐらいでは壊れないと思います。

また、Mackie Big Knob Studioは名前の通り、巨大なボリュームノブと傾斜のある表面で、Onyx Blackjack同様、オーディオインターフェイス中心に操作することを想定されていて、大変使い勝手がいいです。

Mackie Big Knob Studio

サイズは縦20.3cm、横30.5cm、高さ12.8cmで2.27kgです。MacBookPro15インチよりも少し重いぐらいだと思います。

Mackie Big Knob Studioの入力数は、XLR、フォーン端子兼用の4つ、出力数は2個のモニターに対応しているので4つあります。

また、一個ランク上の製品にMackie Big Knob Studio Plusもありますが、スピーカー出力端子が増えている程度なので、DTM用途としては、個人的にMackie Big Knob Studioで十分かと思います。

Mackie Big Knob Studioまとめ

Mackie Big Knob Studioですが、Mackieはアナログミキサーの音の良さで昔から定評があリます。オーディオインターフェイスに何を求めるか?と言えば、突き詰めていくとやはり「音質」じゃないでしょうか。

ギターやシンセ、ボーカルなど生音をレコーディングする方にとって、その辺の一般的なオーディオインターフェイスよりも、Mackie Big Knob Studioのような、生音レコーディング第一主義で男気あるインターフェイスの方がオススメできるんじゃないか?と思います。

トップへ戻る